革命や変化を告げるものは、意外な理由だった!
さそり座らしからぬその要因とは何か!?


★堀江貴文さんのネイタルチャート
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果の解説は、こちらへ。

堀江貴文さん     1/3ページ     2014.10.01 UP

堀江さんはさそり座なのですが、表にあらわれてくるのは、おひつじ座としし座の性質の方が強いと思います。
おひつじ座の性質は「積極性」「行動的」「自発的」「自己表現」など。しし座は「王者」「プライド」「陽気」「自信」などです。

とても行動的で、考える前に動くタイプ。スピード感があります。
行動だけでなく頭の回転も速く、その速さは時折まわりの人が付いていけないほどです。しかも、その速さに周りが付いてくるのが、本人は当然だと思っている節(ふし)があります。
流行にも敏感で、それを取り入れるのは誰よりも早いでしょう。
行動的な性格に加え、頑固さや粘り強さもあるため、一度やると決めたものは簡単にはあきらめません。たとえやりたいことや叶えたいものが難しいものであっても、容易に目的を変えることはないでしょう。と言うより、むしろそういう困難な状況や苦しい立場になればなるほど堀江さんの能力は発揮され、ご自身も自らそうした人生を望むところがあります。激しい競争や冒険 ・ 挑戦を伴う職業の方が、実力を発揮しやすいのです。
仕事的にも、ルーティンワークやデスクワークオンリーなものは向かないでしょう。ずっと同じことを続けることが苦手なのです。加えて束縛されることが嫌いで自由を求めますので、サラリーマンは難しそうです。
退屈な人生を送ることに、恐れさえ抱いているかもしれません。

平穏や退屈な人生ではないということは、変化が多い人生ということでもあります。
具体的に言うと、3歳、9歳、16歳、24歳、32歳、39歳、46歳といった頃に大きな変化があった、もしくはあるかもしれません。特に32歳の頃は、ひときわ大きい変化だったかもしれません。
失敗も多く、時にはアクシデントやトラブルに見舞われるかもしれません。スピードが速すぎるあまり、勇み足だったこともあるでしょう。計画性に乏(とぼ)しいところが、良い方にも悪い方にも働くのです。
こうした状況を少なくするには、「待つ」ことや「守る」といった考えを持つといいのですが、たぶんそれは難しいでしょう。自分の感情をコントロールするのが苦手なので、ガマンすることは稀だと思います。
仮にガマンしたとしてもその場合、ストレスが胃に来て過食しがちになるでしょう。

独創的で開拓精神もあり、新しい分野や他人が不可能だと思う事柄にも、積極的に立ち向かっていきます。度胸や勇気そして何より、理想を現実のものにする才能に恵まれていますので、起業家として成功する確率がとても高いです。独立心も旺盛です。
リーダーシップも、もちろんあります。勤勉で親切なので、部下からの信頼も厚いでしょう。その能力はプライベートでも存分に発揮され、若い頃は遊び仲間のリーダー的存在となり、時々騒ぎを起こしていたかもしれません。
ただ、人の意見に従うのをあまり好まないところや、人に頼らず何でも一人でやろうとするところが、独裁的に見られる場合があります。自己主張が強く負けず嫌いなところ、さらに自分の考えや行動が間違っていてもそれを認めない自己背信的なところが、反感を買う恐れがあります。
支配欲や正義感もあり、そこに攻撃的な性質が加わることで、相手に対して「行き過ぎる」シーンが出るかもしれないのです。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


これまでの慣習や、「どうしたって、それは可笑しいでしょ」というような世の不正に対して、多くの人は心の中ではそう思いつつも、だからといってそれに対してアクションを起こすことはなかなかしないと思います。
しかし堀江さんはどうしてもそれが許せず、自分に関係がないことにも首を突っ込んでしまうタイプ。相手からすれば、それが心の支えや新たな考えに出会ういいきっかけになる場合もあれば、余計なお世話と機嫌が悪くなる人もいるでしょう。
ちょっと、「おせっかい」なところがあるようです。
それは強い正義感といった勇敢な性格も理由であるのはもちろんなのですが、どちらかというと、相手に対して感情移入をし過ぎてしまう理由の方が大きいかもしれません。


次のページへ >>

  ★この占い結果の解説は、こちらへ。


  ★堀江貴文さんのサビアン占いは、こちらへ。


  ★堀江貴文さんの未来予想(2006年)は、こちらへ。


  ★堀江貴文さんの未来予想(2006年)の解説は、こちらへ。


  ★堀江貴文さんのイクリスプは、こちらへ。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。