イクリスプの読み解き結果と解説

★イクリスプについては、こちらへ。

★堀江貴文さんの2006年のホロスコープ(イクリスプ含)
(拡大画像はこちら

堀江貴文さんのイクリスプ

★日蝕(2006.09.22)とのアスペクト表
(拡大画像はこちら

堀江貴文さんのイクリスプのアスペクト(日蝕)

★月蝕(2006.09.08)とのアスペクト表
(拡大画像はこちら

堀江貴文さんのイクリスプのアスペクト(月蝕)

★堀江貴文さんの未来予想は、こちらへ。


★堀江貴文さんの未来予想の解説は、こちらへ。


★堀江貴文さんのネイタルチャートを読み解いた結果は、こちらへ。


★堀江貴文さんのネイタルチャートを読み解いた結果の解説は、こちらへ。

堀江貴文さん     2022.02.01 UP

 【 メルマガ第45号より(発行:2021.08.01)】

このコーナーでは、未来予想で読んだ方のホロスコープにその年のイクリスプがどんな影響を与え、何が表面化されるのかを読み解いてみます。
今回は、堀江貴文さんの2006年のホロスコープが対象となります。

未来予想のなかでこの年堀江さんは、数年後に来る人生の次のセクションに向けて、身辺整理をするだろうと書きました。
何を捨て、何を持っていくのか。そして迎える次のステージではどんなことをするのか。

過去と現在そして未来についてとことん考える一年になりそうですが、果たして対象となるイクリスプは何を炙り出すのでしょうか?


※文中の略語は、次の意味になります。
・(ネ)ネイタルチャートの感受点
・(ト)トランジットの感受点
・(プ)プログレスの感受点


※対象とするイクリプスは、この年の誕生日前に起こった下記日蝕および月蝕を採用しました。

・(月蝕)2006年9月8日 うお座 15度
・(日蝕)2006年9月22日 おとめ座 29度

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

対象となるイクリスプのうち日蝕は、堀江さんの(ネ)金星とコンジャクションになります。

堀江さんの(ネ)水星は非常に状態が悪いにも関わらず、その影響は表れやすくなっています。
木星とスクエアになることで快楽を求める傾向が強くなり、物質的にも精神的にも満たされることが永遠にありません。また冥王星ともスクエアとなることで恋人との別れや、それまでの暮らしに終止符が打たれることを予告しています。
また火星の影響を受ける度数にいることで、火星と天王星のコンジャクションにより生まれる衝動的かつ突発的な行動が、恋愛や仕事、お金などすべてに破壊や崩壊を招きます。

イクリスプはネイタルチャートが示す「何か」が呼び起こされる瞬間とされているのですが、このときの日蝕はまさに(ネ)金星が示していたことが現実となる一年になるのではないでしょうか。

また(ネ)金星とこのときの日蝕は、共に第3ハウスにいます。イクリスプが位置するハウスは、人生の領域のうち浄化が必要とするものを示すとされています。

第3ハウスは、コミュニケーションのハウス。そこから書くことや話し方、人に何かを教えるときにどんな言葉を使うのかといった思考やセンス、言語能力を表します。このときの日蝕は、そういった人との接し方や言葉遣いに対して清めが要ると告げているのです。
言い方ひとつで、人生は変わります。日頃どんな言葉を使っているのか、このタイミングで振り返ってみるのも良さそうです。


日蝕は、太陽と月がコンジャクションとなる究極の形ですが、コンジャクションはふたつの感受点が重なっていて、オポジションのように互いを対象物として認識することはできません。つまり無意識にふたつの性質は混ざり合い、強烈な影響力を発揮するのです。そこにコントロールという概念は存在しません。
オポジションであれば真正面にいる相手の力をどれだけ採り入れ、どれだけ放出するかは操ることができますが、無意識に対抗できるのは有意識だけです。

純粋無垢な、ある意味残酷とも言えるほど無邪気なエネルギーが、堀江さんの人生を波乱に導くような気がします。


     ---------------------------------------------------------


このほか日蝕は、(ネ)(ト)ASC、(プ)水星とセクスタイルを組みます。
セクスタイルはソフトアスペクトで、トラインよりもエネルギーが弱いので、それほど大きな影響はないのですが、ただ堀江さんの場合、それが3つもあるというのが興味を惹かれる点です。

セクスタイルは異なるエレメント同士で構成されるため呼応性が高く(混ざり合ったりしない)、相手のスタンスに柔軟に対応できる姿勢が売りです。しかもそのスピードは速く、「打てば響く」ということわざが当てはまるほど。そこら辺はこのセクスタイルというアスペクトがメジャーアスペクトのなかで最も角度が小さく(コンジャクションを除く)、「小回りが利く」印象と通じるものがある気がしてなりません。

(ネ)(ト)ASCは、しし座を指し示しています。
しし座のエレメントは火。対して日蝕があるおとめ座は土になりますが、この場合、土のエネルギーのほうが圧倒的に強いため、火のエレメントが象徴する情熱的で強い意志は抑えられ、実用的で生産性の高い火が出来上がります。

それまでは「オレがステージの真ん中に立つ」と公言してはばからなかったのが、「ちょっとここで降りるわ」と姿を消してしまうかもしれません。それは何も、立っているポジションが嫌いになったわけではありません。別の、もっと大きなステージに立つべく、一旦ここで降りて準備をするのです。
しし座はいつでも自分が主役でいたい性質で、それが個性を形成するASCにあるのですから、主役の座をほかの人に渡すことはあり得ません。ただもう、いま立っているステージが狭すぎて飽きてしまったのです。もっと大きなステージから、もっと広い景色を見てみたいのです。

そのためには知識をもっと採り入れ、自分に力をつける必要があります。
未練がないのも、堀江さんの特徴。いらないと決めたものは、さっさと捨てます。手に入れたポジションや権力に執着するよりも、まだ見ぬしかし期待が詰まった未来のほうが断然、魅力的なのです。


堀江さんの準備作業は順調に進むでしょう。水星は知性を表します。(プ)水星と日蝕とのセクスタイルが、多くの情報を集めようとする堀江さんを後押しするのです。

(プ)水星はさそり座にいて、そのエレメントは水です。またさそり座のクオリティは固定であることから、イメージするなら、湖や池といった流れのない水がさそり座になります。
溜まっている水のように、どんどん知識が蓄えられます。ときには魚が入ったり鳥も来たりしますが、異なる性質も柔軟に採り入れられるのがセクスタイルの特徴。水かさが増すほど、その中身は豊かになります。そうして目いっぱい溜まった水は、堀江さんにそれまでに経験したことのない潤いをもたらしてくれるでしょう。

先ほど「未練がないのが堀江さんの特徴」と書きましたが、「これは頑張る」と決めたことは徹底的に頑張る集中力と忍耐性がありますので、この年「情報を集める」と決めたのなら、堀江さんの元にはきっとたくさんの情報がやって来ることでしょう。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


ということで、対象となるイクリスプは、未来予想で書いた人生の転換期と湧き上がる知識欲を表していました。

面白いのは、それが月蝕ではなく日蝕によって起こるということです。堀江さんのチャートに対してこのときの月蝕は、ひとつもアスペクトを取っていません。

月蝕は太陽と月が向かい合う形なので、どちらかと言うと対立するシーンが多くなるでしょう。一方日蝕は両者が溶け合ってしまうので、融合することで違和感なく星たちが起こす出来事を受け入れられるのです。

もし堀江さんのチャートと月蝕に何かしらのアスペクトがあったら、炎上に見舞われたでしょう。いや、炎上はしていましたが(笑)、次々と起こるトラブルに対してそれらを冷静に受け止められる余裕があったのは、もしかしたら日蝕の影響もゼロではないのかもしれません。

★堀江貴文さんの未来予想は、こちらへ。


★堀江貴文さんの未来予想の解説は、こちらへ。


★堀江貴文さんのネイタルチャートを読み解いた結果は、こちらへ。


★堀江貴文さんのネイタルチャートを読み解いた結果の解説は、こちらへ。


★堀江貴文さんのサビアン占いは、こちらへ。

SNS

↑ インスタグラム、毎日発信中!

その日の星占いを文字投稿にて、カード占いはライブ配信にて、毎朝6時ごろ投稿。
カード占いのときは、今日の星占いの解説などを喋ったりしています。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。