イクリスプの読み解き結果と解説

★イクリスプについては、こちらへ。

★眞子内親王の2022年のホロスコープ(イクリスプ含)
(拡大画像はこちら

眞子内親王のイクリスプ

★日蝕(2022.5.1)とのアスペクト表
(拡大画像はこちら

眞子内親王のイクリスプのアスペクト(日蝕)

★月蝕(2022.5.16)とのアスペクト表
(拡大画像はこちら

眞子内親王のイクリスプのアスペクト(月蝕)

★眞子内親王の未来予想は、こちらへ。

眞子内親王     2022.06.01 UP

【お断り】眞子さまは結婚により皇室を離脱されたので「眞子さん」と表記するのが正式ですが、便宜上「眞子さま・眞子内親王」としました。


     ---------------------------------------------------------


 【 メルマガ第47号より(発行:2022.01.01)】

このコーナーでは、未来予想で読んだ方のホロスコープにその年のイクリスプがどんな影響を与え、何が表面化されるのかを読み解いてみます。
今回は、眞子さまの2022年のホロスコープ対象としました。

オーブがプラスマイナス2度とかなり狭い条件でありながら、この年のイクリスプは眞子さまのチャートに対してとてもたくさんのアスペクトを取っています。もうそれだけで、かなりの影響を受けるだろうことが予想できます。


※文中の略語は、次の意味になります。
・(ネ)ネイタルチャートの感受点
・(ト)トランジットの感受点
・(プ)プログレスの感受点


※最も影響が出やすいと言われる、誕生日から約半年前の下記日程で起こるイクリスプを対象としました。
・(日蝕)2022年5月1日 おうし座 10度
・(月蝕)2022年5月16日 さそり座 25度

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

アスペクトのなかでも特に影響力が強いと言われるスクエア。妨害や試練など悪運をもたらすとされていますが、対象となる日蝕は、眞子さまが生まれたとき(とトランジット)のASCに対してスクエアとなります。

ASCには外見というキーワードがあります。自分が周りの人に向けて表す顔です。周りの人たちは最初にこの面を見て、その人の印象が心のなかに植え付けられます。つまり第一印象がここにあるサインや星で決まるのです。
眞子さまはASCにしし座があります。しし座は威風堂々という言葉が代名詞。常にステージ上で主役演じ、多くの歓声と称賛を浴びたい欲求に駆られています。とにかく自分が大好きです。そしていつでも自分がナンバー1でいないと気が済みません。というか、自分のことをナンバー1だと思っています。
そのため、他人からのアドバイスは聞きません。自分の考えが絶対正しいと思っているからです。もし間違いだと気付いても謝りません。カッコ悪い姿をさらけ出したくないからです。見栄っ張りでもあるのです。
眞子さまの2022年は、そんなところがより顕著に表れることになるでしょう。未来予想のなかでも「支配的なところが出てくる」と書きましたが、それはこのときの日蝕によってより確かなものとなりそうです。

そして日蝕だけではなく月蝕も、眞子さまの支配欲を力強く後押しします。

このときの月蝕は、(プ)火星とコンジャクションになります。つまり(プ)火星と(プ)月はさそり座と一体化しているのです。
火星とさそり座の組み合わせは、相手に絶対服従を要求しますが、そこに感情を表す月も加わるので、ターゲットとなった相手は逃げることは不可能でしょう。2022年、眞子さまの支配欲は最高潮に達します。


     ---------------------------------------------------------


日蝕は、(ネ)水星とオポジションの位置関係にもなります。
(ネ)水星はさそり座にいるので、勤勉さに磨きがかかる一方で、あまり他人とコミュニケーションを取ろうとはしない内向的な性格を作り出します。そのため、何かの知識を採り入れるには適した年でありながら、交友関係は狭くなったり限られるといった、少し寂しい一年になりそうです。

実はこのことは、トランジットにも出ていました。
(ト)土星と(ネ)ASCがオポジションになっているのですが、制御とか制限といった抑える力を持つ土星が、出会いや始まりを表すASCの動きを止めているのです。物理的にも日本にいたときほど身近に知り合いはいないわけですし、いくら愛する人がそばにいるとはいえ、ときには孤独感に苛まれるのかもしれません。

そもそも上に立つということは、孤独感とセットでもあります。
いつも信者を従えて、ちやほやされていても、ちっとも充足感はありません。それまでは身の回りの世話をしてくれる人や警護してくれる人などがいたけれど、今は全部自分でやらなくてはならない。最初はそれが新鮮でしょう。しかし時の経過とともに、文化も言葉も食事も何もかもが違う異国での生活にストレスが積み重なっていくかもしれません。そうなると、いくら百獣の王であるライオンも、その考えを変えなくてはならなくなります。

月蝕と(プ)月はクインカンクスを形作っています。(プ)月はふたご座にいるため、その性質であるコミュニケーションに対して調整やすり合わせが必要になることを示唆しています。
クインカンクスは、後天的に何かを変えることを余儀なくされるアスペクト。月蝕が人との接し方についてもう少し学びなさいと圧力をかけてくることでしょう。

また日蝕は(ネ)キロンとスクエアになっています。キロンは心のキズやその癒し方を表します。キロンはASCと同じしし座にあるため、しし座の王様的資質にヒビが入ると同時に、そこを改めることが癒しのヒントになるということを教えてくれているのではないでしょうか。


     ---------------------------------------------------------


最後に日蝕と(ネ)木星と(ネ)天王星とのトラインについてです。

この年の日蝕は眞子さまの(ネ)月の位置に近い場所で起こるので、(ネ)月とのあいだで起こったことが再来しそうです。しかもオーブがより狭くなっているので、トラインの効果がより強く感じられるでしょう。
月と木星のトラインは明るいムードで、細かいことを気にしない性格を作り出します。また月と天王星のトラインは、自由と解放感をもたらします。つまり楽観的になるということです。
それもまあ当然の流れと言えるでしょう。様々な問題を乗り越えて結婚という成功を手に入れた直後なのですから。少しは気が大きくなるというものです。

また日蝕はおうし座、(ネ)木星はおとめ座、(ネ)天王星はおうし座にいますが、これらのエレメントはすべて土です。
土は安定を表すので、こうした解放感は眞子さまに精神的な安らぎを与えるでしょう。さらに土には肉体、官能そして多産といった意味もあるので、お子さんを授かる可能性は極めて高そうです。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


ただでさえ支配的な要素が強く出る星回りなのに、イクリスプがそこに輪をかけてしまいそうです。

対象となる日蝕は、眞子さまのネイタルとトランジットの星たちとアスペクトを組み、プログレスの星たちとはメジャーアスペクトを組みません。対して月蝕は、トランジットとプログレスの星たちとアスペクトを組み、ネイタルの星たちとアスペクトは組みません。
このことから見えるのは、日蝕のほうが眞子さまの根幹により深く働きかけ、月蝕はそのときの自分や周囲の状況に影響を与えるのではないか、ということです。

5月1日の日蝕は眞子さまに内面的な変化をもたらし、同月16日の月蝕は眞子さまが置かれている環境や人間関係などに変化が表れるように思われます。

★眞子内親王の未来予想は、こちらへ。


★眞子内親王の未来予想の解説は、こちらへ。


★眞子内親王のネイタルチャートの読み解き結果は、こちらへ。


★眞子内親王のネイタルチャートの読み解き結果の解説は、こちらへ。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。