ネイタルチャート 読み解き結果の解説 (眞子内親王)

★眞子内親王のネイタルチャート
(拡大画像はこちら

★眞子内親王の成分グラフ
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果は、こちらへ。

眞子内親王     1/4ページ     2021.10.01 UP

 【 メルマガ第43号より(発行:2021.04.01)】

今回ネイタルチャートを読み解いた方は、眞子内親王(眞子さま)です。

2017年に小室圭さんとの婚約発表をされてから約4年。そのあいだに小室さん側の金銭トラブルなどが明らかとなり、未だにご結婚できない状態に置かれている眞子さま。彼女がウェディングベルを聞けるのは、果たしていつになるのでしょうか。
まずは、眞子さまの運命のベースとなるネイタルチャートを読み解いてみたいと思います。

そもそも皇族に生まれるという時点で、ものすごく特殊な運命ですよね。星たちはそのことを告げていたのでしょうか?また添い遂げたいと願う男性は「物言い」がついてしまう人物ということで、眞子さまの恋愛運についても注目してみたいと思います。

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

恋愛運が良いのか良くないのかの二択で答えろと聞かれれば、良くないと思います。しかしそれも自身の粘り強さと星の力で、ねじ曲げてしまうかもしれません。

戦の勝ち方にはいろいろあります。戦略で勝つ。力で勝つ。多勢で勝つ。そのなかで勝算が一番高いのは、おそらく眞子さまが取る「相手が根負けするまで、ひたすら粘る」なのではないでしょうか。
勝利をつかむまでは、絶対にあきらめない。眞子さまにはそういう不動の意志がありそうです。

・太陽×てんびん座
・月×おうし座
・土星×みずがめ座
・天王星×やぎ座
・木星×第2ハウス
・水星×火星がコンジャクション
・固定のグランドクロスが2つ(月×キロン×火星×土星と、月×キロン×太陽×土星)
・太陽、月、金星、火星、土星、天王星、海王星、冥王星、キロンの度数
・MCがおうし座
・クオリティで「不動」が一番多い
・クオリティで「柔軟」が一番少ない
・太陽がフォール(-4)
・火星、土星がターム(+2)
・火星がフェイス(+1)
・月、火星がトリプリシティ(+3)
・火星、土星がドミサイル(+5)
・火星、冥王星がアンギュラー
・さそり座がオーバーロード
・やぎ座×天王星とみずがめ座×土星がミューチャルレセプション

成分グラフで表したように、眞子さまは月の力がとても強く出る星回りだと思います。そのため、月が位置するおうし座の性質も連れ出される形になるでしょう。

おうし座は不動の雄。「動かざること、山のごとし」な性格で、一度何かを決めたらテコでも動きません。その意志の固さは舌を巻くほどですが、その思いが強ければ強いほど、比例して自身にデメリットを引き寄せてしまったりもします。
考え方を変えないということは、時代の変化に応えられず、人の意見を聞く耳も持てない、という見方もできるのです。世情が変わることは誰も止めることはできないし、自分にはない他者の考えを聞くことで、新たな発見を得ることもあります。「生き残ることができるのは、変化に対応できるものだけだ」という言葉が今日まで言い伝えられているのは、それがあながち間違ってはいないからです。

また自分に対して向けられるアドバイスも、ミッションを早く先へ進めるヒントである可能性があるため、人の意見を聞く耳を持つことは、成功法則のひとつに数えられる重要な項目だったりします。なのに、まるで自身を否定された気持ちになってしまうからなのかどうか、おうし座は頑なに他者からの意見を遮断してしまいます。こうした性質は安定感や信頼感を得る一方で、柔軟さに欠け融通の利かない人物を作り出す傾向にあります。

しかも眞子さまの場合、このおうし座にはMCが引っかかっています。
MCはその人が人生において目指す到達点であり、公的な肩書きやステイタスなどを表します。つまり世間に向けて見せる最終的な自分の姿ということです。それがおうし座だということは、眞子さまの意志の固さは誰が見てもわかる性質ということになります。

そんな不動のおうし座を援護するのが、やぎ座とさそり座、それにみずがめ座です。
やぎ座には天王星と海王星がいますが、両方とも「行動的になる度数」に該当するので、位置するやぎ座の性質は発揮されやすいでしょう。また、やぎ座の天王星とみずがめ座にいる土星はミューチャルレセプションの関係にもなります。ミューチャルレセプションは隣り合うサインのルーラーが入れ違っている状態を指し、ドミサイルのときと同じくらいサインの影響は強まるとされています。
やぎ座を表すキーワードは強固、変化を嫌う、岩のような精神、揺るぎない意志などです。おうし座が「山」なら、やぎ座は「岩」。変わらない意志は同じですが岩は転がるぶん、その意志をあちこちに向ける傾向があります。おうし座は何かを聞いても黙ってそこにじっと居座りますが、やぎ座は自分から「私はこういう意見だから、みんなもそれに従ってください」とアピールするイメージです。やぎ座は支配的なところもあるのです。

さそり座は星が3つ以上あるオーバーロード状態で、そのなかの金星は「星座特有の感覚が強まる度数」ですし、火星は4度37分と若い度数でもあるので、さそり座の性質は発揮されやすいでしょう。
さそり座は執念、不屈の意志、粘り強さがモットー。執着度は12星座のなかで一番の高さです。しかも掲げているポリシーが「オールオアナッシング」。すべてを手に入れることができなければ、何もいらないのです。「ほどほど」とか「このくらい」といった刻みに意味はありません。
読み解き結果のなかに「心に決めた人と結婚できないのなら、死んだも同然なのです」と書いた理由はここから来ています。

頑固さならみずがめ座も負けてはいないのですが、みずがめ座のそれは、おうし座ややぎ座、またさそり座とはひと味違います。
みずがめ座はとにかく、オリジナリティを求めます。人と違っていることが至上の喜びです。そのため常に他者とは違う考えにこだわるので、いつも反抗ばかりしています。自分の考えにこだわるというよりは、反抗することにこだわっている感じです。
世間一般的な考え方とはいつもズレていたい。そんな気難しさが根底にあるので、周囲とは事あるごとに衝突してしまうか、なかなか理解を得られなかったりします。


次のページへ >>

  ★この占い結果は、こちらへ。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。