ネイタルチャート 読み解き結果の解説 (藤原紀香さん)

★藤原紀香さんのネイタルチャート
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果は、こちらへ。

藤原紀香さん     2017.03.01 UP

 【 メルマガ第18号より(発行:2017.02.01)】

自己表現をすることで承認欲求を満たそうとしたり、他人からの評価だけが自分の価値を決めると思っているところは、

・MC付近に太陽がある
・太陽×天王星がスクエア
・ドラゴンヘッドがみずがめ座×ドラゴンテイルがしし座
・太陽、木星、冥王星、キロンの度数
・チャートの形(上半分に星が多い)

などが影響しているのではないかと読み解きました。私が予想していたしし座の力は、ドラゴンポイント(ドラゴンテイル)に出ていた程度でしたね。
とはいえ、このみずがめ座がドラゴンヘッド×しし座がドラゴンテイルという組み合わせはなかなかのものでして、自己主張に長けていたり、そうやってアピールしたものが評価されないと、ものすごく不安に陥ったり自信を無くしたりするかもしれないという、読み解き結果の「キモ」を表していたりします。
前回の「うんちく披露」で、「ドラゴンテイルは、エネルギーを流出させるポイント」と書きましたが、ここにしし座がある紀香さんは、そのキーワードである「自信」「プライド」「名誉」「王者」といった部分が見事に流出されているわけです。
しかもこのしし座のルーラーである太陽は、MC近くに位置しています。

MCは「世間に対して自分をどう表現するか」という意味を持っていて、この付近にある星はMCの性質に後押しされるように、その特徴を公的な行動に表しやすいとされています。
太陽の特徴は「自己表現」「個性」「アイデンティティ(自己認識)」。こういった要素も、自己アピールが強いのではないかと読み解いた理由になりました。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


自己アピールも嫌味なくやれば、それは好印象につながったり、キャリアアップにおいては重要なポイントにもなるわけなのですが、紀香さんの場合、どうしてもその行動ひとつひとつが周りの人の感情をざわつかせてしまうようです。
その理由としては、

・太陽×天王星がスクエア
・第2ハウスが強調されている
・火星の影響が表れやすい
・木星、冥王星、キロンの度数

などが理由に挙げられるでしょう。

木星と冥王星は火星の影響を受ける度数にいて、ここに星がある人は自己主張が争いの原因になることがあります。また火星自身はみずがめ座にいることで、その性質を表しやすいでしょう。火星の性質は「攻撃」「情熱」「主張」など。
キロンは星座特有の感覚が強まる度数にいます。キロンがいる星座はおひつじ座で、そのキーワードは「自己表現」とか「主張」。ここにキズをテーマに持つキロンがいることで、おひつじ座の性質は屈折して表れるのではないかと読み解きました。

ちなみに、おひつじ座のルーラーは火星になります。星座とルーラーは一番性質が近いもの同士が組み合わされているとも言われていますので、「攻撃」だとか「主張」といった部分がネガティブな形となって表れやすいのかもしれません。

第2ハウスは「所有のハウス」と呼ばれ、物事に対する執着度を表します。このハウスが強調されているということはそれだけ執着度も高く、自己実現のためなら「がめつく」なる(利得に抜け目がなく、がめついこと)きらいがあるでしょう。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


太陽×天王星のスクエアは、「周囲の人々の思惑を無視した自己表現をしやすい」とされているのですが、これは紀香さんを「不思議チャン」と読んだ理由にもつながります。

自分だけの世界があって、その夢の世界に未だに住んでいると読み解いたのは、

・木星×海王星がコンジャクション
・水星×キロンがスクエア
・水星×天王星がスクエア
・月×木星がスクエア
・月×海王星がスクエア
・第8、9、12ハウスが強調されている
・エレメントで「水」が2番目に多い

などです。

紀香さんのネイタルチャート(バースチャート)を見て最初に思ったのが、「スクエアが多い人だなあ」ということです。すべての星にスクエアがあります。
スクエアはハードアスペクトのなかでおそらく一番の凶とされ、その度合いはオポジションよりも悪い意味でとられることが多いです。(参照「アスペクト」

そのスクエアがダントツで多いのが、紀香さんのネイタルチャートなのです。

・トライン 8個
・セクスタイル 8個
・オポジション 6個
・トライン 22個
・クインカンクス 0個
・コンジャクション 4個

しかもそのスクエア。太陽と月が最も多いんですよね。

・太陽 3個
・月 3個
・水星 2個
・金星 1個
・火星 2個
・木星 2個
・土星 1個
・天王星 2個
・海王星 2個
・冥王星 2個
・キロン 2個

太陽は自分の外面、月は自分の内面を表します。つまり自分に一番近い事柄を表す星なのですが、よりによってその2つにスクエアが多いということは、紀香さんの人生は公的にも私的にもかなり試練や悪運が伴うものになりそうです。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


最後に、不思議チャンのもうひとつの特徴である空気が読めないという点は、

・海王星がいて座
・天王星がてんびん座
・キロンがおひつじ座
・土星、海王星、キロンの度数
・水星×天王星がスクエア
・土星×冥王星がトライン
・太陽×水星がコンジャクション
・クオリティで「柔軟」が一番多い
・月の影響力は表れやすい

などから読み解きました。

海王星はいて座にいるだけで「自由奔放に生きる」だとか「全体を見渡す力に劣る」傾向にあるのですが、位置する度数が若い(0度48分)ので、なおさらいて座の性質が発揮されることでしょう。
若い度数で言えば土星も同じで(1度6分)、こちらはふたご座の特徴である「移り気」だとか「気まぐれ」といった部分が発揮されそうです。
おひつじ座は「周りのことを考えるのが苦手」で、「自分本位」に生きます。(参照「度数」

「全体を見る力に劣る」のは水星×天王星のスクエアにも表れていますし、そういう俯瞰するものの見方ができないのは太陽×水星のコンジャクションにも告げられています。
まあそれも、人の内面を表す月の影響力が出やすいホロスコープなら仕方がないのかもしれません。月は自分のことを理解してもらいたいという意識が強まる度数にもいますので。

とにかく、まず「自分」なのです。

  ★この占い結果は、こちらへ。