ネイタルチャート 読み解き結果の解説 (田中角栄さん)

★田中角栄さんのネイタルチャート
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果は、こちらへ。

田中角栄さん     1/2ページ     2018.01.01 UP

 【 メルマガ第23号より(発行:2018.12.01)】

角栄さんは、おうし座になります。
おうし座は、ゆったりどっしりマイペース。世間をグイグイ引っ張っていくようなリーダーシップとはまず無縁な星座です。
そんな星座に生まれた角栄さんの一体どこに、人々を圧倒させながら当時の日本を推し進めるような力が備わっていたのか。星占い的理由を探っていきたいと思います。

また間違いついでに(この前号のメルマガで、角栄さんをふたご座と言っていたので)、角栄さんにふたご座の性質もあるかどうかも見てみたいと思います。
ふたご座のキーワードは、「コミュニケーション」とか「知的」。政治の世界ではこのふたつがあるかないかでは恐らく大きな差が出るくらい大事な要素でしょうから。

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

ビックリしました。角栄さん、ふたご座の性質を十分持っています。間違いも、してみるもんですね。(笑)
先ほど書いたふたご座を表すキーワードのひとつ「コミュニケーション」は、喋るという能力に一番出るでしょう。しかも、どちらかというと悪い意味で。
そんな読み解き結果になったのは、以下の理由からです。

・ASCがおとめ座、MCがふたご座
・水星が逆行
・キロンの度数
・木星の度数
・月×みずがめ座
・ドラゴンヘッドがいて座、ドラゴンテイルがふたご座
・デーカン(おとめ座)
・水星×土星がスクエア

MCは世間に見せている己の姿ですから、ここにふたご座があるということは、そのキーワードであるコミュニケーション能力は世間へ出やすい、ということになります。しかしそのふたご座のルーラーである水星は逆行。ということは、角栄さんが持つコミュニケーション能力は少々屈折して表れるかもしれない、と読み解いた訳です。
水星は、おとめ座のルーラーでもあります。角栄さんはそのおとめ座がデーカン。つまり、水星の性質はかなり強力に発揮される恐れがあるでしょう。

水星は土星とスクエアになっていることで、意地悪な発言が得意な状態です。角栄さんのホロスコープは、全体的に見てもスクエアが一番多くあります。
スクエアはハードアスペクト。しかも、オポジションよりも悪い意味で捉えられる場合が多いので、喋ることに限らず、人生全体の流れそのものが、なかなか厳しいものになるかもしれません。

ふたご座には木星がいます。木星は「行動的になる度数」にいるので、位置する星座の能力を周囲に誇示しようとします。
位置する星座、つまりふたご座の性質は木星によっても広まりやすくなっています。

直言癖は、キロンのせいかもしれません。
キロンは1度49分と、とても若い位置にいます。若い度数に星があると、その位置する星座の特徴は発揮されやすい、と言われています。キロンが位置する星座は、おひつじ座。おひつじ座は直言癖があるという、ちょっとニガい性質を持っているのです。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


もうひとつの「知的」な部分は、以下の状態から読み解きました。

・ドラゴンヘッドがいて座、ドラゴンテイルがふたご座
・デーカン(おとめ座)
・太陽の度数
・水星の度数
・月の度数
・冥王星の度数
・天王星×みずがめ座
・キロンの度数
・木星の度数

ふたご座はいて座とドラゴンポイントで組み合わせになることで、何かを知りたいと思ったら速攻で調べるという行動力の早さが売りになります。
いて座は思い立ったら即行動。計画とか不安とかは考えない星座とされています。その性質は、なかなか行動に移せない性格の人からしたら羨ましいものなのですが、落ち着いて考えることが苦手なため、せっかく集めた情報も、それらの真偽を確かめる間もなく次の行動に出てしまうパターンがあるでしょう。
次の行動。それは先ほど書いた、悪い方向に出てしまうという喋りであることは大いにあり得ます。つまり、得た情報が嘘か本当かを確かめないうちに、ペラペラ人に喋ってしまうことがありそうなのです。

太陽は星座特有の感覚が強まる度数、また水星は若い度数にいることで、位置する星座の特徴が表れやすくなっています。
太陽と水星がいるのはおうし座。おうし座は研究熱心な星座なので、取り組んだものに対しての知識レベルは相当高いものになるはずです。

天王星はみずがめ座にいることで、その影響力は表れやすくなっています。
天王星は水星より高次(レベルの高い)の星とされていますので、知識レベルやその探求心はかなり高く深いものでしょう。

これまでのメルマガで何度も書いてきたデーカンの影響力の強さは、やはり角栄さんでも言えることだと思います。
角栄さんのデーカンであるおとめ座は、ふたご座と同じ星(水星)をルーラーに持つだけあって、その性質もふたご座に共通する部分があります。それが喋りであったり知的なところ。
おとめ座には火星がいます。その火星は行動的になる度数にいて、位置する星座の能力を周囲に誇示しようとしますので、おとめ座の性質はより表れやすくなるでしょう。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


読み解き結果の冒頭でも書きましたが、角栄さんはおうし座生まれにもかかわらず、およそおうし座らしからぬ性格をしているでしょう。
特に対極とも言える波乱万丈の人生を求める勇ましい性格は、以下の星の状態から読み解きました。


次のページへ >>

  ★この占い結果は、こちらへ。