ネイタルチャート 読み解き結果の解説 (はなさん)

★はなさんのネイタルチャート
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果は、こちらへ。

はなさん     2015.09.01 UP

 【 メルマガ第9号より(発行:2015.08.01)】

はなさんの自分軸がしっかりしていてブレないところは、
 ・第1と第2ハウスが強調されている
 ・逆に第7ハウスはあまり影響力がないかも
 ・エレメントで「水」が少ない
 ・冥王星といて座の性質が表れやすい
といったところから判断しました。

また現実的なところは、
 ・金星がやぎ座
 ・土星×冥王星→トライン
 ・エレメント「水」が一番少ない
 ・海王星の影響は表れにくい
などといったところから判断しました。

しかしそういった性格は表向きで、プライベートでは結構積極的で、ストレートな性格かもしれないと読み解いたのは、
 ・オーバーロードがいて座
 ・ASC付近に太陽と水星がある
 ・キロンが行動的になる度数にある
 ・ポラリティでプラスが多い
といった理由からです。

また、ASC(アセンダント)付近に星が多いと個人生活が華やかになり、MC(メデュムコエリ)付近に星が多いと、社会的顔が広いとされています。
はなさんはASC付近に海王星、水星、木星、太陽、と4つの星が集中しているのに対し、MC付近にある星は冥王星1つだけです。
社会的に有名になるよりは、個人の生活を大事にしたいと読み解いたのはこうした理由があります。


はなさんのホロスコープには、「ミスティックレクタングル」という、ちょっと珍しいグループアスペクトがあります。

はなさんのミスティックレクタングル

ミスティックレクタングルは調停という2つのグループアスペクトが作るアスペクトということで、どれだけ大ごとの問題でも解決するだけの力が備わっていると解釈することができます。

はなさんの読み解き結果の中に、「たとえ困難や障害が立ちはだかっても、それらを解決し乗り越えていけるだけの運とパワーも備わっていそうです」書いた理由は、このアスペクトの存在がありました。


語学が堪能というのは、
 ・水星、木星、海王星がいて座
 ・MCがおとめ座
といったところ、仏像にも造詣が深い・・・というか、美術品や古風なものが好きというのは、
 ・金星がやぎ座
 ・ドラゴンヘッドが第2ハウス
などの理由が、そんな性格を作り出しているのではないかと読み解きました。


自分からは縁遠い人をみるということで今回はなさんのホロスコープを読み解いたのですが、予想に反して積極的だったり計画性があまりなさそうといった部分が潜んでいました。
おひつじ座としし座、そしてそれぞれのルーラーである火星と太陽の状態が良く、それらの性質が表れやすい星回りと言えそうだからです。
これまで散々それらが表れている人をみてきたので、今回はそこから外れようと控えめな人を選んだにも関わらず、その人のホロスコープにもおひつじ座としし座、火星と太陽の力の強さが出ていたとは・・・
なんか、「呼んで」しまうのでしょうか。自分もそうなので。
そんな引き寄せを感じた、今回の読み解きだったのでした。

  ★この占い結果は、こちらへ。


  ★はなさんのサビアン占いは、こちらへ。