ネイタルチャート 読み解き結果の解説 (マーク・ザッカーバーグさん)

★マーク・ザッカーバーグさんのネイタルチャート
(拡大画像はこちら

★マーク・ザッカーバーグさんの成分グラフ
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果は、こちらへ。

マーク・ザッカーバーグさん     1/5ページ     2021.04.01 UP

 【 メルマガ第40号より(発行:2020.10.01)】

今回ネイタルチャートを読み解いた方は、マーク・ザッカーバーグです。

フェイスブックの創始者のひとりであるマーク・ザッカーバーグさん。彼は実名登録が基本というSNS「フェイスブック」を立ち上げ、それを今やGAFA(ガーファ)と呼ばれる巨大IT企業の一角を担うまでに成長させました。

マーク・ザッカーバーグさんは、1984年5月14日おうし座生まれ。おうし座は「固定」とか「安定」といった変化を嫌うサインなのですが、彼がやってることはその真逆ですよね。
彼のどこに変化を生む要素があるのか。生まれたときの星並びから探ってみたいと思います。

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

「自分自身は自由でいたいけど、他者やモノ、立場といった自分を取り巻くすべてのことは掌握しておきたい性格かもしれない」という、なんとも身勝手な読み解き結果が出たマーク・ザッカーバーグさん。その対象は権力、自分の考え、お金、人の4つに分けられるだろうと書きましたが、順を追ってその理由を挙げていきます。

ひとつ目の権力。人や物を自分が思うように動かすのにこれほど分かりやすく、合理的な手段はありません。しかも権力が大きくなればなるほど管轄できる範囲は広がるわけですから、社長や会長といった、より上級職を求めるのは当然と言えるでしょう。

・金星、水星、土星、海王星、冥王星の度数
・月×さそり座
・金星×おうし座
・海王星×やぎ座
・デーカン(やぎ座)
・カルミネイト(第9ハウスに太陽)
・冥王星がドミサイル(さそり座、+5)
・オーバーロード(月、火星、土星、冥王星がさそり座)
・ドラゴンヘッドがふたご座、ドラゴンテイルがいて座
・ヨド(海王星×冥王星×キロン)
・セミヨド(土星×天王星×木星)
・天王星×キロンがオポジション

マーク・ザッカーバーグさんは5月14日のおうし座生まれですが、そのデーカンは第3デーカンのやぎ座なので、やぎ座の影響を受けやすいでしょう。
やぎ座のキーワードは権威とか独裁、野心的などです。やぎ座にとって権力を握るというのは、何にも代えがたい魅力になります。と言うのは、やぎ座は集団性を表すサインのため大小の力関係の存在を大事にし、そこに生きがいすら求めようとするからです。

やぎ座には海王星がいますが、海王星は夢の世界を象徴しますので、野心を持って権力を全身全霊でつかみに行く己の姿は、想像するだけでうっとりしてしまうでしょう。またその度数も0度58分と非常に若く、さらに「星座特有の感覚が強まる度数」にも該当しますので、やぎ座の権力を求め独裁的になるところはかなり強調されると見て良さそうです。

もうひとつ、支配的なキーワードを持つサインがさそり座になります。さそり座は権力はどうでもよくて、とにかく相手を支配したいサイン。そのためなら、人を欺くことも躊躇なく行います。
さそり座には月、火星、土星、冥王星と星が4つもありオーバーロードなので、その性質は現れやすいでしょう。またこのうち冥王星の度数は0度06分と、こちらも非常に若い度数で、海王星と同じ「星座特有の感覚が強まる度数」にいますので、やぎ座同様さそり座の特徴もまた、マーク・ザッカーバーグさんのなかでは大きな存在になりそうです。

今世でのテーマを表すドラゴンヘッドにはふたご座が、前世からの課題を表すドラゴンテイルにはいて座が、それぞれかかっています。
ふたご座はコミュニケーションを司るサイン。特に喋るという、コミュニケーションを取る方法としては最も身近で重要な項目を象徴します。そのため、マーク・ザッカーバーグさんは喋ることが人との距離感を左右する大事な行為になるのですが、どうも彼の喋りは相手と良好な関係を築くのに厳しいものがありそうです。
と言うのも、ふたご座の喋りは相手のことを考慮したものではなくて、ただ自分の考えを外に発揮したいという一方的なものであり、互いの考えをぶつけたり尊重するという本来の意味でのコミュニケーションではないからです。このことから、マーク・ザッカーバーグさんの話はどうしても支配的なものとなり、相手が「自分の話は聞いてくれない」というストレスを抱えてしまう原因になる恐れがあるのです。

しかも、ドラゴンテイルがいて座。いて座は落ち着きがなく、束縛を嫌う自由主義者です。「どうやったら自由に生きることができるか」が前世からの宿題になります。その宿題をこなすために、自身の自由を何よりも優先させようとするでしょう。結果、マーク・ザッカーバーグさんには「自分の考えは押し付けるくせに、人の意見は聞かない」という身勝手な人物像が出来上がってしまいます。
もし本人がこのことを否定したとしても、「だってお前、このあいだメシ食いに行ったとき、オレの話は全然聞かないくせに、説教だけは延々にしたよね?」と言われたら、きっとぐうの音も出ないのではないでしょうか。

マーク・ザッカーバーグさんが権力を求めるのは実は今に始まったことではなく、もう前世からすでに決まっていたこと、なのかもしれません。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


他人にひたすら自分の考えを主張するくらいですので、根底にあるポリシーはかなり固いものと言えそうです。

・金星、火星、土星、海王星の度数
・水星×おひつじ座
・月、火星、土星×さそり座
・海王星×やぎ座
・天王星×いて座
・エレメント「土」が一番多い
・クオリティ「不動」が一番多い
・MC付近に太陽がある
・太陽×火星がオポジション
・水星×冥王星がオポジション


次のページへ >>

  ★この占い結果は、こちらへ。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。