ネイタルチャート 読み解き結果の解説 (中田英寿さん)

★中田英寿さんのネイタルチャート
(拡大画像はこちら

★中田英寿さんのネイタルルネーション
(拡大画像はこちら

★中田英寿さんの成分グラフ
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果は、こちらへ。

中田英寿さん     1/4ページ     2022.04.01 UP

 【 メルマガ第46号より(発行:2021.10.01)】

今回ネイタルチャートを読み解いた方は、中田英寿さんです。

中田さんと言えば、2006年6月にドイツで開催されたW杯で試合後、ピッチ上で倒れ込んだシーンが甦ります。それから数日後、現役引退が発表され、「人生とは旅であり旅とは人生である」というメッセージは当時話題になりました。
現在中田さんは実業家として様々な事業を展開したり、慈善活動にも積極的に取り組んでいます。

多くのプロサッカー選手が、引退してからも監督やコーチなど深くサッカーと関わる仕事を選ぶなか、中田さんは彼らよりは多めにサッカーとの距離をあけているように思えます。これは高校時代から持つ「サッカーしか知らない人間にはなりたくない」という思いが、中田さんの軸としてゆるぎなく立っているからではないでしょうか。

中田さんは1977年1月22日生まれ。みずがめ座なんですよね。みずがめ座は12星座イチの変わり者とも言われるのですが、果たしてそのあたりの性格は表れやすいのでしょうか?
じっくり、ホロスコープを読み解いてみたいと思います。

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

みずがめ座の性質は普通に出やすい星回りのように思えます。強烈に出るほどでもなく、弱いわけでもなく。
それよりは、中田さんをみずがめ座生まれとした太陽の性質のほうが強く発揮されている印象を受けます。

・太陽×みずがめ座
・月×うお座
・冥王星×てんびん座
・太陽がルーラー
・みずがめ座がデーカン
・太陽×天王星がスクエア
・月×水星がセクスタイル
・水星×火星がコンジャクション
・火星×天王星がセクスタイル
・土星×海王星がトライン
・木星×土星がスクエア
・木星×天王星がオポジション
・ミニトラインが4個
・土星、冥王星が逆行
・太陽×第10ハウス
・木星×第1ハウス
・太陽、水星、火星、土星、キロンの度数
・火星がエグザルテーション
・火星がフェイス
・太陽がアンギュラー
・ルネーションタイプがニュームーン
・ルナーシンボルが3(双葉)
・太陽、火星がカルミネイト
・「活動」が2番目に多い
・ASCがおうし座、MCがやぎ座
・太陽、火星がMC付近にある

もともと太陽はみずがめ座との相性がいいので、その性質は現れやすいのですが、MC付近に位置していたりアンギュラーだったりするので、なおさらそのパワーは溢れ出てくることでしょう。
MCはその日、東から登った太陽が最も南に位置する場所のことで、ハウスシステムがプラシーダスであれば第10ハウスのカスプに当たります。占星術では、そこにどんな星やサインがあるかなどを読むことで、その人の人生の目標は何かを見つけ出したり、適職や肩書きなども探り当てたりします。
太陽が象徴するものは「創造性」や「自己表現」、また「不滅の自己」などです。それまでなかった新しいものを作り出し、それを全力でアピールします。見た人が首を傾げたり、反応がイマイチだろうがまったく気にしません。不滅の名の通り徹頭徹尾、自分の考えを貫きます。

アンギュラーはハウスの3区分のひとつですが、アンギュラーに呼応するサインの3区分は活動。つまり積極性や意志の強さが特徴になります。行動力が増し、自己顕示欲も強くなりがちな性格を作り出します。
また太陽は、みずがめ座の1度58分にいますが、度数が0~1度のあいだは「自己中心的で一途な度数」のゾーンに当たります。このあいだに星がある人物は、自分の欲求を徹底的に推し進める芯の強い性格を持っているでしょう。

太陽ひとつ採り上げてみても、こんなにも明確に自己主張する性格の存在がわかるのですが、さらに脇を固めるようにほかの星たちも、似たような結果を生み出しています。

MCを挟んで太陽の反対側には火星がいます。火星はエグザルテーションとフェイスでディグニティの状態が良いので、その性質も太陽と同様に強く発揮されるでしょう。
火星は意志や情熱、勇敢さや主張といった活動的というか攻撃的な部分を担います。こうした性質が躊躇することなく、勢いよく飛び出していきそうです。
そしてそのエネルギーは、水星を通じて太陽に伝わります。水星と火星はコンジャクション状態となっていますが、実は水星は太陽の伝令役なのです。中田さんのネイタルチャートは、太陽からの命令を水星は火星に伝えるだけでなく、その逆も起こりやすい座相と言えるのです。

惑星とハウスの関係で見てみると、太陽は第10ハウス、火星は第9ハウスにいます。MCが接触するこの両ハウスにある星はカルミネイトと呼ばれます。その称号を与えられた星のエネルギーは、ホロスコープ全体に大きな影響を与え、自身の生きる軸として魂のど真ん中に鎮座します。
太陽には社会的側面を表す性質もあるため、自分がどんなキャリアを築いていきたいかは明確に理解していて、その実現のためなら喜んで戦うといった、非常に勇ましい部分が見られます。そういう意味では野心的で、作戦をいくつも練っていることでしょう。

目指す方向がはっきりわかっていて、実際そこへ向かって足を踏み出す行動力もある中田さんですが、その道のりは険しく、さすがの中田さんも簡単に目的地までたどり着くことはできないでしょう。まして、誰も通ったことのない道、誰も成し得たことのないプロジェクトであればなおさら。心が折れても不思議ではありません。
どんなプロジェクトであれ、それを完成させられるかどうかは、能力とか資金といった何よりも、最後まで続けるんだという固い意志と継続性の存在が欠かせません。しかし中田さんにはそのふたつが見事に備わっていそうです。

固い意志を太陽と火星が担うなら、継続性はやぎ座が担います。
MCはやぎ座を突いています。そしてすべての始まりを表すASCはおうし座を指しています。やぎ座とおうし座は共にエレメントが土。土は耐久性や堅実さがキーワードです。中田さんはきっと、取り組むプロジェクトはきちんと計画を立ててから、その通りにタスクをこなしていくタイプだと思われます。もしも計画が狂ったのならその都度見直して、再び前へ進みます。
脇道にそれるとか後ろに下がるという発想はおそらくないでしょう。あれもこれもこなす器用さには欠けますが、ひとつのことにじっくり取り組む持続力は誰にも負けません。
やぎ座のルーラーは土星です。土星は木星とスクエアとなっていますが、木星の気を抜くと際限なく広げたがる膨張性を、土星の強い抑止力がしっかりコントロールするので、地味ではありますが確実な発展が望めます。


次のページへ >>

  ★この占い結果は、こちらへ。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。