ネイタルチャート 読み解き結果の解説 (堀江貴文さん)

★堀江貴文さんのネイタルチャート
(拡大画像はこちら

  ★この占い結果は、こちらへ。

堀江貴文さん     2014.11.01 UP

 【 メルマガ第4号より(発行:2014.10.01)】

天王星の影響は少し見られますが、太陽はその力がほとんど見られません。
太陽は全体への影響も薄いです。そんな理由もあり、生まれたときの星座であるさそり座の性質は、あまり表に出ないのでしょう。

堀江さんの改革や変化は、MCにおひつじ座とキロン、ASCにしし座と月があるところから来ています。
このMCにおひつじ座、ASCにしし座という組み合わせは、退屈さを嫌い、ずっと同じことを続けることが難しい性格を表しています。
またASCの月は変化のある人生を暗示し、MCのキロンは、おひつじ座の能力を周囲に誇示しようとする度数にいます。
おひつじ座の能力とはすなわち、危険や困難に自ら立ち向かっていったり、ひとつの場所には安定しないといったところです。

堀江さんは10月29日の23:00ごろの出生とのことですが、もうあと一時間前か後に生まれていたら、MCにおひつじ座、ASCにしし座とはならなかったので、そう考えると、「この時間に生まれてくるべくして生まれたのかも・・・」なんて、ちょっと神秘的な気持ちになったのでした。

おせっかいなところは、月と海王星とキロン、あとドラゴンヘッドがかに座なところと、デーカンが冥王星というところが主に挙げられます。
月×海王星のトラインは、他人に対して過剰なやさしさを作り出す性格を表しています。
かに座は人の世話が上手いところ、そのルーラーである月は、キロンとトラインを作り出すことで、周りの人の感情に敏感な性格を表しています。
ただチャートの形を見たとき、キロンがバケット型のハンドル部分となり、これがMCの右側に寄っているため、気遣いが「やりすぎ」と受け取られることがありそうです。
またデーカンの冥王星は、その愛情深さがトラブルの元になることを告げています。

先に書いたように、キロンはおひつじ座の能力を周囲に誇示しようとする度数にいます。
おひつじ座の能力には負けず嫌いだとか、その直言グセが他人を傷つけることがままある、というものもあります。
ASCのしし座も、負けず嫌いを表しますね。
言葉遣いが悪くなる要因はほかにも、火星、水星、冥王星、そして第3ハウスが強調されているためだと思います。

水星はさそり座にいることで、強い自我を表します。
また水星のキーワードは「雄弁」「スピーチ」などですが、悲しみが付きまとう度数にいるので、喋ることについて、あまりいいことが起きないかもしれません。

冥王星は、火星よりもパワーアップした攻撃性を表しています。攻撃をキーワードに持つ火星と冥王星が第3ハウスにいます。
第3ハウスは「知識のハウス」と呼ばれ、コミュニケーションの取り方も知ることができます。
つまり攻撃的な方法で自分の意思を伝えることが、堀江さんにとっては相手とコミュニケーションを取る方法なのです。

冥王星は堀江さんにとってルーラーであり、第2のルーラーでもあります。
強い攻撃力が2倍になります。
また火星はキロンとオポジションの関係にあり、自分の攻撃的なところを正当に表現しようとします。

キロンは、全体を統括する位置にいるので、すべてに影響を及ぼします。
キロンのキーワードは、「キズ」「痛み」「癒し」などです。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


さそり座なのに、おひつじ座としし座の性質が強く出ているというのは面白いなあと思いました。
一口にさそり座といっても、その性質が表れる人と表れない人がいるということですね。
こういう予想外の結果に出会えた瞬間が、ホロスコープを読む楽しさだったりします。

  ★この占い結果は、こちらへ。


  ★堀江貴文さんのサビアン占いは、こちらへ。


  ★堀江貴文さんの未来予想(2006年)は、こちらへ。


  ★堀江貴文さんの未来予想(2006年)の解説は、こちらへ。


  ★堀江貴文さんのイクリスプは、こちらへ。