★ヘルクレス座(2021.05.10撮影)
(拡大画像はこちら

ヘルクレス座     2021.08.13 UP

ヘルクレス座は春の星座たちと隣り合っているため、5月の中旬ごろには早々に東の空に上がってきます。
その形は台形の四隅から1本ずつ線が出ていて、言われれば確かに人の姿を辿っていると見えなくもありません。

構成する星は一番明るいものでも3等星しかないため、見つけるには西となりにあるかんむり座と、東となりにあること座の1等星ベガのあいだ、と覚えておくのが良さそうです。

ヘルクレスという呼び名はヘラクレスのラテン語読みで、星座の大きさは全天中5番目になります。
まさに英雄ヘルクレスの名にふさわしいと言っていいでしょう。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


かに座しし座うみへび座そしてりゅう座に出てきた怪物たちをすべて倒したのがヘルクレスです。
彼は生まれながらにして、ケタ違いの強さを持っていました。その強さは赤ん坊の頃、神々の王ゼウスの正妻ヘラが自分が寝ているゆりかごに忍ばせた2匹の毒蛇を、素手で握りつぶしたほどです。
なぜヘルクレスがそんな仕打ちを受けたかと言うと、ゼウスがヘラという妻がいながら、自分の母親であるアルクメネーに手を出したからです。浮気相手の子供であるヘルクレスを、ヘラはこの先も執拗に苦しめます。

大人になったヘルクレスはテーベ国の王女メガラと結婚し、3人の子供に恵まれます。
穏やかな暮らしが続いていたある日、ヘルクレスは突然錯乱し、なんと妻と3人の子供を殺してしまったのです。
ヘルクレスが暴君化したのは、もちろんヘラの仕業。とは言え、正気に戻ったときに見た目の前に広がる光景に、ヘルクレスは絶望と深い罪の意識に苛まれ、ついには自殺まで図ります。

寸前のところで止められたヘルクレスは、大神ゼウスから「アルゴス国のエリウステウス王に仕えよ」という審判を受けます。そしてエリウステウス王はヘルクレスに以下12個の難題を出し、「すべて解決できれば、罪を償えたことにする」と告げたのでした。


1.ネメアの人喰いライオンを退治
2.アミモーネ沼の怪物ヒドラを退治
3.ケリュネイアの魔鹿の生け捕り
4.エリュマントス山の巨大イノシシを捕獲
5.アウゲイアス王の牛小屋を掃除
6.スチュンパリデスの森に棲む怪鳥退治
7.クレタ島の雄牛生け捕り
8.デイオメデスの人喰い馬を退治
9.アマゾンの女王ピッポリテスの帯を強奪
10.エリュテイアに棲む怪物ゲリュオンを退治
11.ヘスぺリデスの園にある金のリンゴを持ち帰る
12.番犬ケルベロスを生け捕り


このうち、かに座とうみへび座は2番目、しし座は1番目、りゅう座は11番目に当たります。

12年かけてすべての難題をクリアしたヘルクレスは、ギリシャ中にその名が知れ渡り、英雄として称えられたのでした。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。