★2022年9月26日 23:00ごろの空模様
(拡大画像はこちら

星空観察情報(2022年9月)9/11~10/10     2022.9.10 UP

木星や火星がいたことで、例年の秋より賑やかだった秋の星座たちが南へと移り始め、ただでさえ鮮やかな冬の星座たちが続々と昇ってきます。

先頭を切るのは、ぎょしゃ座の1等星カペラ。そのあとを、おうし座にある1等星のアルデバランが続きます。さらにはふたご座の1等星ポルックス、オリオン座の1等星ベテルギウスが昇り、冬のダイヤモンド(冬の大六角形)が次第に形を成していきます。9/26の新月あたりだと、午前2時過ぎには6個の1等星すべてが見え、夜空に大きなダイヤモンドが光り輝いていることでしょう。

さらに新月の翌日27日には太陽と木星がオポジションになることで、木星の輝きはMAXを迎えます。天気が良ければ南の夜空には木星、視線を東に移せば冬の大六角形を形作る1等星たち、そしてそのなかで赤く光る火星が見えることでしょう。
想像しただけで、なんとも賑やかな景色です。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。