★カシオペア座(2020.10.18撮影)
(拡大画像はこちら

カシオペア座     2020.12.26 UP

秋の夜空は明るい星がほとんどないため、星座を把握するのに苦労するのですが、そのなかにあって比較的見つけやすいのがカシオペア座です。星がMの字もしくはWに並んでいると聞けば、思い出す方も多いでしょう。

カシオペア座のなかで一番明るい星がシェダル。この名前はアラビア語の「胸」を意味する言葉に由来しますが、星座図でもこの位置はカシオペアの胸にあたり、残り片側3星が椅子にくくりつけられた胴体と足、反対1星が頭部になります。

カシオペア座は北極星に近いため、秋と言わず年間を通じて北の空に見えるのですが、北斗七星が見えにくくなる秋の夜空にとって、もうひとつ北極星を見つける目印として大いに役立ちます。


     *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆゜・:,。


エチオペア国の王ケフェスには、カシオペアという妃とアンドロメダという娘がいました。アンドロメダはとても美しい女性で、母親のカシオペアはそのことをいつも自慢げに話していました。

ある日、いつものようにアンドロメダの話をしていたカシオペアは、つい「私の娘は、海の妖精たちよりも美しいのよ」と言ってしまいます。それを聞いた海の妖精たちは怒り、海の神ポセイドンとその妃アンピトリテに訴えます。アンピトリテは元々海の妖精だったこともあり、受けた報告を我が事のように捉え、怒りに身を震わせます。またポセイドンも妻の様子を見過ごすことはできず、彼女からの要請もあり、鯨の怪獣であるティアマトをエチオペア国へ行かせ、町を襲わせたのでした。

突然の怪獣の襲来に、事の顛末を知らないケフェス王は訳が分からず、神にどうしたらいいか尋ねました。すると神は「いま町を襲っているのは、あなたの妻カシオペアの発言に激怒した海の神ポセイドンが遣わせた鯨の怪獣。騒ぎを鎮めたければ、娘のアンドロメダを生贄に捧げなくてはならない」と伝えたのです。
ケフェス王は驚き、そして悩みました。しかしそれを聞いたアンドロメダは自ら生贄になることを申し出たのです。

岬の先端にある岩に、アンドロメダがいよいよ鎖でつながれます。やがて海は荒れ、そのなかから鯨の怪獣ティアマトが現れました。そしてティアマトがアンドロメダへと近付き、今まさに襲いかかろうとしたその瞬間、両者のあいだに割って入る影がありました。その影は、魔女メデューサの首を討ち取った帰りのペルセウスだったのです。
ペルセウスはメデューサの首を切り落とした剣でティアマトに切りかかり、弱ってきたところで袋に入れてあったメデューサの頭部を取り出し、それをティアマトの目の前に突き付けました。メデューサの顔を見た者は、石になってしまう。その言葉通り、巨大な鯨の怪獣ティアマトもほどなく石と化し、深い海の底へと沈んでいきました。

ティアマトを退治すると、ペルセウスは父ゼウスにポセイドンの怒りを鎮めてくれるよう頼み、ポセイドンはそれを受け入れました。そしてペルセウスはアンドロメダと結婚し、末永く幸せに暮らしたのでした。

ところで、事件の発端となったカシオペアは、椅子にくくりつけられた姿のまま夜空に上げられ、北の空をクルクル回るような場所に配置されました。そのため彼女は、日に一度は逆さになる苦しい姿勢を強いられることになったのです。

Amazon 欲しいものリスト

いただければ、励みに頑張ります! 何卒よろしくお願いします。<(_ _)>
こちらからどうぞ。